ソフトバンクグループビジョンファンド事業の投資損益は519円の赤字

Uncategorized
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドルが下がってきません
そして日経平均ですが大引3万6280円
3日ぶりの反発となりました
トピックスは12.6ポイント高い262.63です
日経平均とトピックスですがこちら34年ぶりの高値ということになります
取引時間中の高値は1月23日3000984今日の取引時間中の高値は39956円取引時間中の高はですねあの30円ほど届かない位置なんですけれどもえやっぱり終を重視するという方も多いでしょうから今日は終わりで高値更新した

ソフトバンクグループなんですが4月から12月期ですがビジョンファンド事業の投資損益は519円の赤字ということなんですね前年同期は5兆67億円の赤字ということですがえこのえ期ですね4月から12月期はえ519億の赤字ということ

日本マクドナルドという会社がありますね証券コードだと2702になりますけれどもはいはいえこちらは今日は0.30の下落率20円安6480で引けましたただです
日本マクドナルドですからまどうやっていう確率考え海外展開ですとかありえないわけですね日本のマクドナルドですからマクドナルドという大きなえアメリカの会社があってそれからで日本で仕事をしている会社
そのグループの中で日本で仕事をしてる会社ですからねこれあの23年の12月期本決算です営業利益が20%の増益となりました48億売上高が8%増加営業利益で21%の増加ですからまこの売上以上に利益が上がったというのはやはりあの単価の状況ですねこの辺りがあ業績に寄与しているものと考えられます

そして12月の本決算ですのでえ24年12月期のまこれから1年間の見通しなども明らかになっております日本マクドナルドの今年度の見通しは売上高で6%増加そして営業利益では11.3の増加ということでえ値上げ効果がま浸透するような形でえ業績の方は拡大するという状況です今回の決算のえこれ大きな特徴なんですけれどもま

例えばあの日本鉄であれユニチャームであれそしてマクドナルドであれキーワードは皆これは石の拡大についてのキーワードは値上げ効果といったものになってますあの物量の伸びというのはそんなに今伸びる環境じゃないんですよまトヨタの自動車などは結構伸びましたけれどもねえ台数ではただやはり金額が上がるというような単価が上がるという状況がえ日本企業の業績の拡大につがっているというようなそういう面がありますってこれから先も日本企業の業績が伸びるのかどうかえ具体的に25年3月期の業績今年の4月から始まる来期の業績が伸びるのかどうかといったことについてはえやはりここも

さらに値上げが浸透するのかどうかということがポイントになるのではないかと思いますえまず吉このあの今の決算状況の中で私の拙い考え方を述べさせていただいたんですけれどもあの切っていただければと思います

あの数量より価格っていうこれがまず斬新なんですよねあのなんか今までえ値上げてほとんど考えられなくてで数量もまそんなに伸びなくてどうしようっていう感じだったわけですけれどもあの値上げがま去年ぐらいから普通にできるようになってきてなんか企業活動の自由とってすごく上がったんですよねはいでえそれはあの家計部門から見ると必ずしもいいことじゃなくてえ家計部門はまだそこまであの賃上げとかが浸透していないからえま消費のデータを見るとあんまり芳ばしくないえま生ぜいいのはインバウンドですよねただ企業決算から見るとこの数量でなくてが上がらなくても価格でえ上がるようになったっていう今の状態はえ結構なんか追い風なんじゃないでしょうかねはいま日本株の上がってきた要因の1つではあるんでしょう

これはやはり自動車メーカー大手の本田こちらもですねえ今決算が発表されましたはいえっと9ヶ月累計の営業利益が1兆760億円1年前に対して46%の増となりました営業利益が46%増益そして今3月期今3月期24年3月期の見通しはえ営業利益で60%増益の1兆2000億円台というそういった見通しが公表されておりますやっぱり非常に高い水準高い変化率が自動車メーカーですと見られているというそんな状況ですねはいえ本田は北米での自動者販売が好調なことに加えて供給網の正常化による自動車生産やの回復や円安が利益を押し上げているということなんですね契約は北米ということですねはいま北米についてはこれ日本以上にあの自動車の供給が前半悪かったということで供が悪いと価が上がります

今回あとちょっと素材の素材関係の会社の業績があんまり芳ばしくないというのが1つの特徴ですけれども戦技の平人3401科学戦技のメーカーとして知られる人え01銘柄ですね3401ですけれどもはいはい今日ははい0.99%の下落率13安150円で引けていますはいこちらについては営業利益の見通しが今までの計画の半分になるという見通しが明らかになりました今まで350億円の計画をしていた営業利益がおよそ半分の180円にになってしまうといったそういう見通しです

一部のこういう科学メーカーなどについては今回業績の悪化などが見られているんですよ代表的な例はあの4005の住友科学という会社が極めて大きな赤字に転落するということがですねえ今回明らかになった

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/18 18:15時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました