日立パワーデバイスという企業を子会社化

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三菱商事は決算発表の後売られているというそういう状況
三菱商事は3.78の下落率271安
今日は決算発表を行った会社
全部が全部やはり発表後に上げているわけではなくて
この三菱商事の場合はえそうですねえ今年度最終利益9500円という見通しが発表されました
9500円っていう数字でさらにあの株式分割この辺りも発表さされているんですけれどもま
株価の方はやや弱いという展開ですねえもうちょっと
あのどうなんでしょうえ利益の上積みがもうちょっと欲しかったということなんでしょうか
円安進行が資源安の影響を打ち消すというニュースも出てます

ですから9500円最終利益で今期目指しているということは前年と比べれば
減益ではあるんですけもえ会社計画9200円そして会社式法のあの
見通しが9500円ですからそんなにびっくりするほど良くない数字ではないわけです
株価が上がったり期待が先行していたりするとですねちょっと株価の方がネガティブな動きになってきたりします

住友電気工業5802電線業界の中ですと1番
伝線業界って呼び方ちょっと時代からずれてますかね
全業読まないですかこれちらかというともうその光ファイバとかですね
ハイテクの方向にこう変わってますよねあの自動車関係のお仕事をしてたりです
とか電子部品のお仕事をしてたりですとかねあね5801から始まる会社っていうのは昔ながらなんかね電線業界とか呼んだりするんですけどちょっと呼び方を変えた方がいいかもしれませんね
イメージはちょっと違いますよね会社の実態とえっとこちらの工業はですねえ
9月上半期の営業利益の実績が会社側500億円計画に対して63億円の実績となりました
そして今3月期の見通しについてえ18億円だった計画を1割今増額修正し2000億円にするということが発表されました

自動車業界向け部品業部品供給の回復とがえこの住友のを押し上げるというあのそういった状況になっておりますね


AGCのコマーシャルいうのはすごく多いですよねねま
朝日ガラスをAGCに変えるっていうことをまあ日本国民に認識させるというような観点で非常にこの数年CMの露出が増えている会社ですけれどもえ
5201のAGCはえ9月で占められた9ヶ月の累計決算12月本決算で
9ヶ月の累計決算営業利益が37減の955円となりました今年度の今12月期の投資は18%減益の1500億こちらは変えておりません
ちょっと9ヶ月累計ですとねえ状況がややあの減益幅が大きいなというようなあの印象を受けるんですけれども通期の業績見通しにはあの変化はないというそういう結果でした

6470のミネベア光え電子部品会社として知られておりますえ9ヶ月でえ9この会社はあの3月本決算ですから6ヶ月の上半期決算が発表されて33%減益の271円という数字になりました
電子部品業界はねえ円安は追い風ですけれどもなかなか業績が厳しいという需要がパソコン関係の周辺が伸びないということで知られておりますけれどもミネベアみは今3月期の営業利益を今までの計画950円に対して180円減額修正770円になるという見通しを明らかにしましたえ下方修正です
ただこれと合わせてですねここういったニュースも結構面白いなと思ったんですけれどもえ同じこの決算発表と同時に発表してるのがですね株式会社日立ちパワーデバイスの子会社化及び事業上々に関するお知らせということをえ発表しております

日立ちはですねもう様々な子会社を持ってるということで知られてますけれども
その日立ちから日立パワーデバイスという企業を子会社化する事業を買いつけて子会社化するという発表をしております
日立パワーデバイスっていうのはパワー反動体製品を提供している反動体メーカーだそうですパワー反動体っていう言葉って最近よく聞きませんかこれあの電気自動車などでえを使われる時にもエアコンでもいいんですけれどもねあのものすごい速度でえ回転するような状況でえそれで結果的に電力の省エネ化を実現するまあネに大きな貢献をするデバイスとして知られてるのがあのパワー反動体ですえこれは今までのあの上場企業の決算ですと三菱電気の決算ですとか富士電気の決算でこのパワーデバイスが大きく伸びているといった事実が確認されているんですけれども今回部屋みがその日立からえパワー反動体製品を供給する日立パワーデバイスこの会社を買収するというニュースが発表したことが明日の株価でどういった効果を生むか興味深く見ていきたいと思います

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/18 18:15時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました