3万2000円割れ

デイトレ記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボラティリティやっぱりちょっと大きめでした
先週あたりもです半導体関連株部などが非常に強く上昇しました
その先週の半導体関連株の上昇そして日経平均の上昇え結構予想していたよりも強いなっていうようなそういった受け止め方された方多かったと思うんです
今日の下げについてはま下げるとは思っていたけれども
この下げ幅は大きいなと感じられてる方が多めなのではないかと思います

先週の土曜日朝6時の日経平均先物価格はえ通常取引と比べると370安でした
370円えそだから昨日先週の金曜日のアメリカマーケットの動きを見ながらこの原油価格の急とだとかを見るとえやっぱり手島売りなどが
日本株でも先行しそうだなというような観点でえアメリカマーケットを見た投資家は
370ぐらい日経平均が下がるんじゃないかっていう風に朝の6時の土曜日の段階では見てたわけです

実際のところこれ700円をの下げ幅を切てということは
取引時間中に予想よりも多めの売り物が先行しているこういな受け止め方になります

先週は予想よりも多めの買い物が取引時間中に増えていたという形なんで
ちょっとその取引時間中にまいつものことなんですけれども
その日本株の短期的な方向性に乗っかるようなお金これがかなり
日本株の短期的な方向性に影響を与えてるという受け止め方をしてます今日の下げは先週に上げた反動体関連株が大きく下げているということがまずは目立つわけですけど

例えば代表例が6857のアドバンテストで
アドバンテストですが現在は220円安4350220円安4.8の下落となっています

アドバンテストは実は先週のえ火曜日から木曜日までの3日間の累計でえ上昇率3日間累計でえ先週10%に出してましたはいそうですねでそういった動きに対して今日は1日で4.8安という状況ですからちょうどその先週が上げた部分の半分ぐらいをあの超しにしてるという状況ではい40000円超える上げ幅でえあったものが今200円ちょっとぐらい下げているはいねだからこれがやたらと触れが大きいというマーケットこれを非常に象徴的に表してるように見えるんです

アドバンテストはこれは日経平均への影響度の大きな実質的な根株に当たりますのでまこの動き全体をに対して影響を与えてるという展開ですえその中では一方上げてるとこではですね

原油のといったものを意識して1605のイペックが上昇しているこの辺りも
あの触れの大きさといったものをあの示すような動きでしょうねそうですねえ現在2131thes5実戦で565実戦だかまちょっとちょあの引けにかけて

バタバタ動いてますけれどあの3%近い上昇ということになっていますこの辺りはねの下げが大きく目立ったのがあのインクスでしたよね原油の連動性がものすごい高くて原油以上にただ幅は大きく率も大きく下げてしまうというそうですよねそれ事実なんですけどね冷静に考えれば本当に1日の原油科学の触れで企業価値ってそんなに変わるもんなんでしょうか
原油埋蔵量ですとかその価値ですとかがに総額の大きな変動に現れてるというのは今更ながらこの認識されるところです


アジア市場日本以外のところを見ると中国が0.5%の下落香港は1%程度の下落という風にちょっと大きめではあるんですが他はそれほど大きくないよねというのがま現状でもありますけどねそうです

やはり海外投資化の短期売買によってえ海外投資家の売買の比率の高い国の株価が動きやすいということがんあの実感されますまたこのところ上がってきたっていうのもあるんでしょうかねいやもちろんですねそれはもう半導体関連株の動きがそのまま象徴しているという状況ですね

アメリカについては後ほど佐藤さんに教えていただきことになりますけれどもやっぱりあの決算発表が本格化してくるという状況でそれに対しての株価の反応といったことがまミクロの段階では非常に注目されてはいちょっとあの今回ですねあのえっと金融株の決算がありもう始まりましたね金曜日からええでjpモルガン自体の株価は先週の金曜日は1.5%上昇するという状況でこの貸倒引き当て金があの4月期に対して7月期が半分になってえ貸した金が返ってこないリスクといったものがあの四月とべて7月期の決算発表時にえ低下しているといったことが株価の上昇に反応されて反応してるわけなんですけれど

金融株自体は結構ね強くなってこれニューヨークダウの上昇にも繋がってるんですけれどもあの次の1節これがこれから話題になるんじゃないかということでちょっとお伝えしたいんですけれども

あのこのjpモルガンのCEOはえジェイミー大門CEOという方で結構金融会の発言も注目されます

よ目立った発言をするんですけれども今回ですね出てきた発言でこれをちょっとお伝えしておかなきゃいけないなという風に思いました次の発言です

世界はこの数十年間で最も危険な時間かもしれないというようなそういうコメントをしてますそれはどういうロジックによるものかというと今あの政府の債務水準が極めて高くてアメリカ経済のリスクが高まりそういう中でのインフレの止まりで金利上昇リスクが高まるで今行われているfrvの量的引き締めが長期的にどのような結果をもたらすかは分からないというような形で金利や金融政策に対する警戒感といったものを示すことに加えてえ先週のイスラエル攻撃これがエネルギー市場や食料市場グローバル金融市場など広範囲に影響を及ぼす可能性があるというコメントをしております

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/18 18:15時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました