FOMCの結果公表を控えて

デイトレ記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょうど1週間前ですよねあの670だかこの時水曜日上がってますね
それ水曜日結構調子いいってことですかね
ただ終わりねではですねその後取引時間中に3万3000円は先週の木曜日それから昨日も回復し
今日も3万3100円という値段があったんですがえま分かりませんけどねちょっとまだ3万3000円よりも今60円ほど下の位置にありのでその3万3000円で維持しているその力がややかけているとかねそういう認識は出そうです
FOMCを前に見送るとかそういうことて多分あの解説として出てくるかと思うんですけどただ今あのねさっき半導体関連株の一角などがめちゃくちゃ上げてるんです

ディスコのい株価の上昇率って10%に迫る上昇率じゃないですかはい今日高いところで3万4390円まで上げるところがありますはいさらにねあの材料の出た牛電気なども12%上げててえ他の半導体関連株でも東京エレクトロンの上昇率なんかも結構派手になってますよねはい5%近い上昇率ですはいだこれをま見送りとは言えないでしょうね

このこれだけ主力株であの活発にあの買われて銘柄があるということはやはりあの今非常にマーケットにおいてえ個別銘柄を中心にえ何か材料の出た株などを意欲的に買う動きというのが活発であるとえそんなムードが伝わってくる東京市場だと考えてますはい一方でこう値上がり銘柄数939銘柄値下がり銘柄数665とま6割4割というはいい銘柄の数も確保されてるという状況ですねで本日の場合はあの日銀探が朝寄り付きの前に発表されましたよね

非常にいい内容になりましたあの経常利益の見通しというのをこの上場企業上場企業じゃないあの対象企業がですねあの出しておりますけれども結構大幅な増額修正ですはいえ全規模合計産業の経常利益の増益率が今回4%になりました23年度です今年度うんで9月の見通しの時は2.7現役だったんですよそれが4.0増益ですから

この9月で決算を占めた後の変化の幅というのが結構大きかったということが分かりますねえ特に製造業について4.7と撃だったものが2.4の増益に転換という数字になりましたはいでえこれを下期上期上期下期に分けてみますと下期の増益率が製造業で4.4%で一方で非製造業は上期21%増益と好調だったんですが下期に9%の現役になるんですねはいこの辺りを見るとやはり製造業の下半期の全年動期と比べての4%増益下半期この辺りを意識した動きまどちらかと言えば非製造業よりも製造業の方を重視するというそういった物色の傾向があ今後考えられるかと捉えております

先行きの業況判断指数え製造業が現状に比べて4ポイント低下そして非製造業は現状足元に対して先行きは6ポイント低下ということで先行きの方が慎重になっているこれも当然これデータから分かる話ですけれども今経営者がリスクを考慮しながらやや味方に対して慎重に構えるといったことはこれはもう不思議な話ではありませんまアメリカの経済の同行中国の経済の動向を踏まえてそういったリスク要因を踏まえて先行きに慎重になるというのはある意味でえ浮かれるよりも好ましいことではないかという風にそのように私自身はえ捉えております

まだまだ事業計画を立てる上では外貨高ドル安の水準という外円安の水準外貨だ円安の水準ということになりますとなるとこの日銀探における業績の情報修正下半期の前提合わせデートを見ると例え先週のような一時的な円高が済んだとしても日本企業の業績が大きく計画よりも悪化するリスクといったものは極めて低いえそのような受け止め方をがされるという考え方ができます

ただ個別では結構大きく上がった株も多いですそうですねもう今になると来年以降のまあのあのマーケットですとか企業業績ですととかを踏まえたま業績の同行を踏まえた銘柄選択ということになるんですけれども来年はまあ今年度と比べて半導体市場が大きく回復するま生成AI市場の世界的な拡大といった株式テーマこれを抜きに株式市場の投資対象を語るのが難しいというようなそんなムードがですね今日の株式市場日本の市場からもあの得られるのではないかと考えておりますなるほどあの冒頭にもありましたがFOMCの結果公表を控えてというね文言よく見ますが今夜はこのFOMCのやっぱりこれ確認しなければなりませんね

あの投資をする上で日銀館というのは投資する企業の魅力を図る上で重要なデータですでも株式投資をする上で債権投資がいいのか株式投資がいいのかといったことを考える上であの金アメリカの金融政策のの前提といったものを抜きに語るということはこれはできないわけですねで今あのマーケットにおいてえそうですねあの来年末のアメリカの金利についてえ今あの金利先物市場のデータから見るとえ来年末の金利については3回少なくとも3回の利下げが実施されるといった見方こちらの方がま今がメインになってるわけですよで実際その金利先物市場のデータを見るとですね4回利下げがされる可能性が5回利下げがされる可能性が28つまり4回の利下げと5回の利下げを合計するとその可能性というのが今の確率で5割以上になってるんです

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/18 18:15時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました