アイスペース着陸失敗

デイトレ記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はマイナスですねアメリカでナスダック指数がおよそ2%下落
アメリカ株安受けて日本株も大引けとなりまして203円安
大引けの日経平均株価は203円60銭安の28,416円47銭
TOPIXは18.25ポイントマイナスの2023.90
東証マザーズ指数もマイナスで12.26ポイント下げて738.57


Microsoftが引けた後に決算を発表しまして時間外取引でマイケルマイクロソフトの株価が一時300ドルに乗せる9%ほど上昇
Microsoftっていうのは時価総額が2兆ドルほどある会社なので2兆ドルもある超大型株のマイクロソフトが10%近く本当に上げる

Microsoftの決算は良かったけれども他の企業を考えた場合は非常に今ネガティブな受け止め方が多いということでそれで今の段階だとアメリカの株が上がってそれが長続きするだろうかという懐疑的な部分ですねそれが東京株式市場では強く働いたものと考えております昨日はマイクロソフトとアルファベットの決算総じて予想を上回ってアメリカの時間外取引ではそれぞれ上昇しているそうですね音が見られますが日本市場ではまだまだこれが好材料にポジティブに捉えられてないということです

在庫調整こちらがやはり製造業が苦しんで業績が悪化してるって事ですねシマノのっていうのは自転車の部品を自転車メーカーなどに供給する会社なんですけど今在庫が非常に流通在庫がたまっているというのが会社の説明としてありまして3月末のシマノの製品在庫といったものを見ると3月末931億円という数字なんですがこれが1年前の684億円に対して36%も増えている水準です

これはあの自転車用自転車部品だけに当てはまらずいろいろな産業に当てはまることなんですけどあのサプライチェーンの混乱というのがこの中の中で2年間ぐらい続きましたよね21年22年とそうするとサプライチェーンが混乱すると部品がなかなか入ってこなくなるで部品が入ってこなくて生産工場を止めるのが嫌なので部品を集めに生産工場の横の倉庫の中に確保することになるそうするといろいろな部品メーカーに発注するわけですね部品素材メーカーに早く入れてくれ早く入れてくれというとメーカーついては部品を大量に抱え込んで工場を動かすそうするこれが今のようにサプライチェーンの混乱が終わってスムーズに進むということになると極端な例で言えばいつ発注しても物が届くんであれば倉庫にこんなにいっぱい在庫を置いておく必要がないだから部品の発注を控えよう在庫調整をやろうというそういう動きが今世界で起こっていてそれが今の世界の製造業の業績の悪化につながっているというふうに捉えるとです

アメリカでも決算が今活況ですが今日メタそして明日がAmazonの決算発表となっています日本でもゴールデンウィーク後に決算版出てきます日本では特に日本ではですねあの3月期の本決算の会社が多いのでこれから先1年間の業績見通しなどが公表されます

【今日のデイトレ】
朝30分の上か下かのパチンコトレード
セルシード寄り付き底
エディア 寄り天 出来高のない銘柄を触るのは1ティック下げでもきつい

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/11 18:13時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました