ソニー 映画会社のパラマウントの買収約4兆

デイトレ記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は日本の休みの間のアメリカ株高金利低下を受けた半導体関連株の上昇
そのまま日本の株式市場でも応用されるという形で
日本株がよく上がるという展開になっております

半導体関連株部は日経平均に与える影響度も非常に根部として大きいので
今日経平均の上昇率え1.37ま非常に高い上昇率一方でトピックの上昇率は0.5100あの結構日経平均とトピックスの上昇率に差があるという1つの特徴があります

さらにもう1つ特徴的なこととしてはま下がってる株の中で
やはり6758のソニーグループの株価の下落をまあの直近のニュースと共に抑えておきたいと思います

買収の話ですかねそうですねはいこのソニーグループは結構下げが目立ってるんではいですよねこれえっとソニーグループは今2.95ドル下落だったと思うのでその時よりはやや戻してはいるんですけれどもそれでも逆行安という形です

その映画会社のパラマウントですねあのこちらの買収の移行といったものがあのニュースとしてま世界うんで報道されておりますけれどもねはいあのま4兆円規模の賠償というかもちろんそれの買収って規模が大きくなりますよねこういう有名な会社お買収すると

今までの日本株というとですね日本株日本企業は変わる前向きにえ現金を貯めずにお金を使って将来の成長に向けた投資を行うというようなことであのニュースが結構前向きに評価されるというような面があったんですが今回はいソニーグループは巨額買収のニュースが株価面において3%株価が下落という風に捉えられているということはその買収がマイナスに思われてるちょっと負担が大きいってこと買収額が4兆円でま4兆円でじゃ例えば40兆円持ってますよって言ったらま安心じゃん大丈夫じゃんてなるけど

その十分のキャッシュをちゃんと持ってるのとかその資金調達の方法ですよまだそこが明確にされてない中でこの発表があったのでうんスキームどうなってるんだとかああそういう不安感ですよね感がま今あのソニーグループの自画総額を見ますと15兆8000億円16兆ぐらいですよねこれが先ほど申し上げたあのAppleの例を申し上げましたけどもAppleは400円ということになりますそれAppleにとって4兆円の買収っていうはそれほど大きなあれじゃないけど1/3をかけて収することですもね

他の会社と共に共同でという形で報じられてるところにようと単独というわけではないんですけどアメリカの投資ファンドていうことですよそうねやっぱりあのそれで半分半分の切ということになってもね16兆の会社が仮に2兆円の負担になるとそれをもしも株式でえ賄うのであれば10%ぐらい新しい株が発行されるかもしれないとかそんなイメージになるわけですねでしつこいでようですけどAppleの場合4兆円の自家総額でえ2兆円の資金のが必要でそれを株で賄う際にはま0.5で済むですとかねそういうような計算になるでやっぱり企業としては自総額を高めるといったことここがこれからのあの戦略を見る上では非常に重要になってくるということです

ちなみにパラマウントに関しては7日一時6.9ダだったというのでこれ変われ変われる方あで今までの日本企業っていうのは結構買う側もおお素晴らしいじゃないか収よ変わったこの会社はていうことで変われるような面があったんですがちょっとまね3月に日経平均が高値をつけてからあの1ヶ月半ぐらい高値抜けなくなってきてますよねそうすると少しあの日本企業だから特別というわけではないというそんな状況になってるかと思います

ちなみにパラマウントってあれですよねトップガンとか持ってるんですよねあとスポンジボブとかもパラマウントトップガンもうワツ作ってまだがあんのかなトップガワツあれトップガンを作ったところですよねごめんなさい調べておきますあごめんなさい確かそうだったと思うですけどワンツありますよトムクルーズあ最近あのトップガン1と2までの間にすごい時間がすごい時間がね30年ぐらいあったんじゃないですかミッションインポッシブルとかだったらシリーズでねボンボンやるからねうん確うんうんうんだからIPとしてはねかなり強いと思うんですけれどもそれはちょっとそれよりもまずはこの収金額の負担の重さっていうのがそうですねだたこれもスキームが明らかになってくれば落ち着いてくるんですようんなるほどなるほどあそうなんだやっぱりグローバル事の場合あの冒頭の松さんの指からもようにあのアメリカの金利が高いという面がありますよねあのま低くなったと言ってもまだ4.418%4.5ありますからその日本の感覚でいうよりも

ちょっとコストがあの買収のコストがグローバルではかかってきているといた面は忘れない方がいいような場面ですよねこれ日本だと低金利だからなんかそのままの値段で買えそうだけど4%ついてくるとなかなかねはいまめちゃくちゃ高い高いですの国際で4.5ですから民間企業が買収のための資金を調達するとそれよりなりますよねはいなるほどさあその他に今日動きが目立った銘柄どういたものがあるでしょそう非常に面白いなと思ったのが

ですね6098リクルートホールディングスの大幅だか高値更新なんですよはい6098リクルートホールディングス今日は3%を超える上昇749で終えていますが高いところで7109まで買われる場面がありました4月8日につけた年ラタ更新する動きですこれ非常に面白いですあの今回雇用統計の数字がえ非農業雇用者の増加数が予想に届かなかったあ33月に対して4月が6割減ったということでえ悪い雇用統計えそれが金利のにつがって株高をもたらしたという重要な構図があるんですがその中でリクルートホールディングスは高値更新というのはですねリクルートホールディングスという会社はアメリカの雇用とえ業績の同行で強い連動性のある会社なんですよインデードそうですそうですまさに教えあのインデードというのがアメリカの求人広告の市場までかなりあの強い立場にある会社アカ雇用で人を採用したいということで企業がお金をかけるぞということになるとえインデードの広告収入がドンと上がってリクルートの連結決算を押し上げるというそういう傾向にあるわけです

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/11 18:13時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました