デイトレ記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小幅安ですね0.2の下落率でトピックスについては1.1の下落率
幅広い株が下げているトピックスの方が売られている
トピックスの方が売られているというその通りの状況
トピックスについてもえこれ低いPBRの株を集めた
valu株指数と高めのPBRの株を集めたグロース株指数で全然下落率が違うという特徴があります

トピックスvalu株指数はおよそ2%下落一方でトピックスグロース株指数は0.1%下落
全然これ動きが違うんです
エネルギー関連株や銀行株などがあるわけですけれどもここが言いやすいはいそして今日のこれすごい特徴なんですけど業種別株価指数の下落率が極めて高くなっている

業種がえ例えば石炭山野工業これま同じような株ですよね
石油石炭ですとエネオスホールディングスがこれがこちらが代表そして山の工業金編の工業ですとインペックスこちらが代表この2つの業種が5%を超える下落率

銀行株なども4.6下落えこのエネルギー価格のアメリカにおける下落原油価格下落でえ石油関連株イックスなどが急落してるという状況

金利が上がれば住宅金利が上がってリザが拡大するという期待のあった銀行株がメガバンク中心に大きく下げているえここもまた特徴そして合わせて言えば
例えばあのエネルギー関連株が全般に安くなってるという状況の中で
電力ガス業種こちらも4%を超えるえ下落率そして
原油価の下落が幅広い司教産業や素材産業の下落につながって
鉄工や非鉄金属が下げているという特徴

一方でその原油科学の下落金利定価が業績のプラスになる加工組み立て産業え電気精密あるいは任天堂を中心としたその他製品こちらの業種が上げている
非常に特徴なある動きでした

今日はエネルギー関連株が売られるという動きを先ほどお伝えしましたけれども
いやはりちょっと極端ですよね上方修正すらも高材料になっていないということんでしょうかはいあまりにもちょっと極端な値動きになってます
エネルギー関連株と位置付けられる株は何でも売るというようなそんななんか動きなどが見られていて例えば三菱重行7011この辺りはえ昨日あたりは株価が大幅に上昇して
発電の時に使われる原動機あの昨日はじゃなくて570円株価が上げてるんですけど例えば発電の時に使われる動機などがあの非常に中が強いということで買われたんですけれども

発電に関連する株はエネルギー関連株だということで今日などは非常に大きく下げてるわけですね
極端な動きですよねはいただいった中でですねえちょっとこれは1つの救いになるかなと思った株がですねあの化学大手
今日はこういった素材子関連下部が軒並み下げてる状況です

大引け小幅安え下修正です株利益が40000円程度出るということでえその利益水準と比べて株価がそんなに高くはないということで買われたあの買い戻されたような経緯などがありましてまこの辺りが1つの救いかもしれませんがま結論的に
今日は素材株市関連株大きく下げたまこれは事実として受け止めなければいけまないでしょうねはいピックスはあのの中でに転落しました

任天は6%を超える上昇率で6774円で引けています
ここだけ取り出すと非常にあの株が上げてはいですで
要はちょっとですねあの極端な動きというのはそのエネルギー価格の低下や金利の低下が株価面でプラスになるような企業についてはかなり強い値動きになってるんですよね

レーザーテックや任天堂水あの東京エレクトロンにソニーグループあるいはファーストリテイリングといったあの高いPBRの株ですとかあの加工組み立て産業えこの辺りは原油価格の下落や金利低下は追い風になるということで買われたというのが1つの特徴です

外部環境の変化によって外部環境の変化というのは何度も言ってるように金利低下やあの原油価格低下ですよねでそれによってで企業価値といったものが劇的に変わるかというとちょっと疑問を感じる方も多いかもしれませんだから要はこういう株価の動きを見ながら今日の動きとしては企業側の変化ではなくて投資する側こちらの事情ですよねあのこれから先金利が低下するのであればこういった株の方がグロース株の方が値動きが良くなりそうだということでまグロース株外バリュー株売りのえ売買が結構大量に入ったという仮説も覚えておきたいと思いますはいえ国内決算発表本格化しています

楽天ブックス
¥5,060 (2024/06/11 18:13時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました